RCCNEWS

P
R

広島市中心部オフィス不足 空室率 過去最低 

2020.2.14 11:47
 広島市中心部のオフィスビルの空室率は1.9%となり、過去最低を更新しました。オフィス不足はしばらく続きそうです。

 不動産サービス大手CBREが、延べ床面積1000坪以上の賃貸オフィスビルを対象に、3か月ごとに調査しています。それによると、去年12月の広島市中心部のオフィスビルの空室率は、前の年の同じ時期より0.4ポイント低い1.9%となり、過去最低を更新しました。

 2001年の調査開始以降、最も低い水準となり、オフィスビルの需給ひっ迫ラインとされる5%を大きく下回っています。平均賃料も、前年より上がっています。

 CBREでは、「ことし・来年と新築ビルの供給予定がないことから、空室率の低下はしばらく続くことが予想され、さらに賃料が上がる可能性が高い」と話しています。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP