RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 気象庁は、関東地方で「春一番」が吹いたと発表しました。去年に比べて15日早い春の訪れです。

 気象庁によりますと、日本海にある低気圧が発達しながら東北東に進んでいて、関東地方は南部を中心に南よりの風が強まっています。

 各地の最大瞬間風速は、横浜市で午前11時52分に20.3メートル。東京で午前11時3分に17.7メートル。千葉市でも午前11時36分に16.7メートルを観測しました。

 気象庁はこれを受けて、関東地方で「春一番」が吹いたと22日午後、発表しました。去年に比べると15日早い「春一番」となります。(22日14:19)

image

 千葉市は会見を行い、新たに市内の公立中学校の女性教員が新型コロナウイルスに感染したと発表しました。

 新たに感染が確認されたのは千葉市内にある市立中学校の60代の女性教員で、吐き気のため今月12日に千葉県内の医療機関を受診し、検査の結果、21日に陽性と判明しました。

 女性教員は発症する前の2週間以内に海外への渡航歴は無く、女性教員が勤務する中学校は部活動を中止し、連休明けの25日と26日を休校し、校内の消毒などを行うことにしています。

 千葉県内ではこのほかにも症状の無い30代の女性の感染も新たに判明しました。(22日11:41)

image

 新型コロナウイルスの集団感染が起きているクルーズ船内で業務していた厚生労働省などの職員の多くが、ウイルスの検査を受けずに職場に復帰していたことが分かりました。厚労省内で検査が一度は検討されたものの、陽性者が多く出た場合の業務への影響などを考慮し、見送られたということです。

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」では、船内で作業を行っていた厚労省の幹部など国の職員4人の感染が明らかになっています。

 中国・武漢からのチャーター便に関わった内閣官房の職員らは、他省庁の応援も含めてウイルスの検査を受けていますが、関係者によりますと、船に入った90人を超える厚労省の職員のうち熱などの症状が無い職員はウイルスの検査を受けずに元の職場に復帰しているということです。船内で対応にあたる橋本厚労副大臣や自見厚労政務官も、検査を受けていません。
 また、クルーズ船に入った厚労省以外の国の職員や災害派遣医療チーム「DMAT」の医師らも、症状が無い人は検査を受けていないことも分かりました。

 関係者によりますと、厚労省の内部では船内に入った職員らに検査を行うことが一度は検討されましたが、陽性者が多く出た場合の業務への影響を懸念する声などがあがり、見送られたということです。

 「どういう仕事をしていたのか、それに応じて対策が変わってくるので、具体的にどういうことが現場でなされていたのか、確認しているということです」(加藤勝信厚労相)
 加藤厚生労働大臣は22日朝、それぞれの職員の船内での業務内容を確認し対応していくと述べましたが、職員に検査を行うかについては言及しませんでした。

 一方、クルーズ船では21日までに検査で陰性が確認された乗客の下船が終了しましたが、22日は陽性の人と同じ部屋だった濃厚接触者およそ100人の下船が行われています。

 この人たちについては検査で陰性と確認されていますが、陽性の人が部屋を出てから14日間の経過観察を行う必要があり、このあと埼玉県和光市の「税務大学校」に滞在することになります。

 クルーズ船からは19日からの3日間で合わせて970人が下船していて、今後は自国のチャーター機での帰国を待つ外国人や、船の乗員などおよそ1200人が船に残ります。(22日10:58)

image

 テーマパークの「サンリオピューロランド」は、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、22日から臨時で休館しています。

 「サンリオピューロランド」は、22日から来月12日まで休館します。新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐのが目的で、大分県にあるサンリオハーモニーランドも同じ期間、休館します。

 「もうすぐ子どもの誕生日なので、お祝いに行こうかなと思って見に来たら本当に閉まっていた」(女性) 「不特定多数の人たちが集まるので、しかたがないかなと思います」(女性)
 サンリオは「来場者や従業員の安全を考慮した」としていて、事前に購入した入園チケットは有効期限を延長するなどして対応するほか、イベントのチケットなどは全額払い戻しに応じるということです。

 再開は3月13日を予定していますが、状況次第で休館期間の延長もありうるとしています。(22日11:28)

image

 新型コロナウイルスの感染が拡大する中、隣国・韓国では感染者が新たに142人と大幅に増加しています。

 韓国の保健福祉省は22日、新型コロナウイルスの感染者が新たに142人増えて346人となったと発表しました。

 142人のうち92人は感染者2人が死亡している南東部・慶尚北道の病院の関係者で、病院内で集団感染したものとみられます。また、すでに140人以上の感染者が出ている南東部・大邱市内の宗教団体の教会でも新たに38人の感染者が確認されたということです。韓国はすでに日本への渡航自粛を勧告していますが、韓国の感染拡大による影響も懸念されます。

 こうした中、WHOのテドロス事務局長は新型コロナウイルスの感染経路が不明なケースが中国の外でも増えていることを挙げ、「感染拡大を封じ込める機会は狭まりつつある」と述べました。また、WHO主導の調査チームが22日に最も感染者の数が多い中国・武漢に入ることを明らかにしています。

 中国本土での死者は21日に新たに109人確認され合わせて2345人になり、感染した人の数は397人増え合わせて7万6000人を超えています。ただ、感染状況の統計をめぐっては武漢市がある湖北省が、感染者数を繰り返し訂正していて、関係者の責任が追及されるなど混乱が生じています。

 一方、集団感染が起きているクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した外国人客のうち、イタリア人とフランス人らを乗せたイタリア空軍機や・イギリスのチャーター機が羽田空港から出発しています。(22日11:30)

PAGE TOP