RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 中国を中心に感染拡大が続く新型コロナウイルスによる肺炎について、感染が最も深刻な武漢市がある湖北省は20日、新たに115人の死亡が確認されたと発表しました。これで中国本土の死者の数はあわせて2233人になりました。(21日08:21)

image

 WHO(世界保健機関)は、中国に派遣した新型コロナウイルスに関する国際調査チームに、日本の専門家も含まれていると明らかにしました。

 WHOは20日、先週末から中国に入っている国際調査チーム12人の出身母体について、アメリカのCDC(疾病対策センター)と国立衛生研究所、また、日本の国立感染症研究所も含まれていると明らかにしました。このほか、シンガポール、韓国、ナイジェリア、ドイツ、ロシアの関係機関も参加していて、同じ規模の中国の専門家たちと活動しているということです。

 またWHOは、現在、臨床試験が行われている2つの治療薬について、3週間ほどで暫定結果が得られるとの見通しを示しました。1つは抗HIV薬2種類を組み合わせたもの、もう1つはエボラ出血熱などの治療にも使われる「レムデシビル」だとしています。(21日03:27)

image

 新型コロナウイルスへの対応で、クルーズ船に勤務し、ウイルスの感染が確認された2人の厚生労働省の職員は、いずれも幹部職員であることがわかりました。

 関係者によりますと、クルーズ船内の対策本部で働く厚生労働省の職員は、17日と20日、あわせて2人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されていますが、2人とも幹部職員だということです。

 厚労省は、クルーズ船内の対策本部に出入りする幹部職員2人が感染したことに衝撃を受けています。加藤厚生労働大臣は職員の感染を受けて、「厚労省の職員は、感染防御で万全の注意を払っていかなければならないが、そういう中で残念ながら感染が起きた。本人の問題というだけでなく、全体としてどうだったのかをしっかりと改善点をみつけながら徹底を図らないといけない」と述べ、専門家を入れて検証するとともに、保健所の疫学調査に協力することを明らかにしました。

 クルーズ船をめぐっては、20日、新たに乗客2人、乗員11人のあわせて13人の感染が判明しています。(20日23:30)

image

 新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるため、加藤厚生労働大臣はイベントの開催について「開催の必要性を改めて検討してほしい」と呼びかけ、一律の自粛要請は行いませんでした。

 「(イベントの)開催の必要性を改めて検討していただくようお願いします。現時点で、政府として一律の自粛要請を行うものではありません」(加藤勝信 厚労相)
 加藤厚生労働大臣は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためには今が重要として、国民やイベント主催者へ協力を呼びかけました。屋内などでお互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが感染のリスクを高めるとした上で、開催する場合には、参加者への手洗いの推奨やアルコール消毒薬の設置、風邪のような症状がある人は参加しないよう呼びかけるなどの対策を求めました。(20日20:21)

image

 自民党は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、来月8日に予定していた党大会を延期する方針を固めました。

 自民党は、党所属の国会議員や全国の地方議員など、3000人以上が参加する党大会を来月8日に開く予定でしたが、複数の党幹部によりますと、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、延期する方針を固めたということです。

 安倍総理は19日、党大会の開催について、幹部に延期や規模の縮小など検討するよう指示していました。

 自民党は21日の運営委員会で最終判断し、総務会で正式決定する予定ですが、延期後の開催時期については状況を見ながら判断する考えです。(21日00:01)

PAGE TOP