RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を19日に下船した栃木県に住む乗客の女性が、新型コロナウイルスに感染したことがわかりました。

 感染が確認されたのは栃木県に住む60代の日本人女性で、今月19日にクルーズ船から下船し、栃木県の自宅に戻っていましたが、21日になって38.7度の熱が出たため、22日、医療機関を受診して検査したところ、「陽性」と確認されました。クルーズ船を下船した乗客の感染が確認されたのは国内では初めてです。

 女性は下船前の15日に結果が出た検査では「陰性」で、下船した後はマスクを着用した上で公共交通機関で自宅の最寄り駅まで移動し、友人の車に乗り帰宅したということです。

 女性は帰宅した19日に一度だけ買い物のために外出したということです。女性は70代の夫とクルーズ船に乗っていましたが、夫に症状は出ていません。
 厚生労働省はこれまで、健康観察期間が終わった19日以降の発症のリスクは低いとしていました。(22日22:45)

image

 神奈川県相模原市で、家族4人が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

 相模原市では50代の会社員の男性と妻、20代の娘2人の家族あわせて4人の感染が確認されました。男性は今月16日に熱が出て、一旦は熱が下がったものの、再び発熱。21日、ウイルス検査を行ったところ感染が確認されました。

 男性に海外への渡航歴はなく、すでに感染者が確認されている「相模原中央病院」への入院歴はないということです。

 一方、東京都は、都内の老人保健施設でドライバーとして勤務する60代の男性が新型コロナウイルスに感染し、重症だと明らかにしました。感染経路は分かっておらず、都は施設での利用者との接触状況などについて調査しています。(23日00:14)

image

 加藤厚生労働大臣は、クルーズ船を下船した乗客のうち23人に対し、2月5日以降の健康観察期間中に行われるべきウイルス検査が行われなかったと発表し、謝罪しました。

 「感染拡大防止策以降にPCR検査を実施していなかったことが判明した。再度の検査で大変ご負担をおかけすることになり、改めておわび申し上げます」(加藤勝信厚労相)
 検査に漏れた23人のうち、日本人は19人、外国人が4人で、自宅に待機をしてもらい、改めて検査を行うということです。部屋を回る際に乗客が不在だったり、検査時期を確認していなかったことがミスの原因だということです。

 また、クルーズ船内で作業をした厚生労働省の職員が検査を受けずに職場に復帰していたことがJNNの取材で明らかになっていましたが、加藤大臣は方針を転換し、船内で作業をした厚生労働省の職員のうち医療関係者と検疫官を除く41人についてウイルス検査を実施する方針を明らかにしました。

 船に出入りする橋本厚労副大臣や自見厚労政務官も下船時に検査を受けることになるということです。(22日22:47)

image

 加藤厚生労働大臣は、新型コロナウイルスの治療のためにインフルエンザの治療薬「アビガン」を患者に投与したことを明らかにしました。

 「アビガン」は、新型コロナウイルスやインフルエンザウイルスのような「RNAウイルス」の増殖を抑える効果が期待されている治療薬で、新型のインフルエンザが流行した場合に備えて国内に備蓄されています。

 加藤厚労大臣によりますと、新型コロナウイルスの治療のために2つの医療機関で患者に対する投与の具体的な準備に入り、このうち1つの医療機関で22日、投与を開始したということです。

 また、エボラ出血熱の治療薬「レムデシビル」についても承認を目指し、来月にも臨床試験を始める予定だということです。(22日23:30)

image

 天皇陛下は23日、60歳の誕生日を迎えられました。即位後初めての記者会見に臨んだ陛下は、即位に際して寄せられた祝福の声に感謝の気持ちを示したうえで、天皇としての決意を語られました。

 「常に国民を思い、国民に寄り添いながら、象徴としての責務を果たすべく、なお一層努めてまいりたいと思っております」
 60歳の誕生日を迎えた陛下は、21日、お住まいの赤坂御所で、即位後初めての記者会見に臨まれました。

 陛下は即位から10か月の歩みを振り返り、「天皇の一つ一つの公務の重みと、それらを行うことの大切さを感じております」と明かし、寄せられた多くの祝福に対して感謝の気持ちを示したうえで、「憲法を順守し、象徴としての務めを誠実に果たしてまいりたい」と決意を語られました。

 「常に私の傍らに寄り添い、相談に乗り、公務に共に取り組みながら支えてくれている皇后雅子に、感謝しております」
 また、適応障害で療養中ながら、予定された即位行事や地方訪問に全て出席された皇后さまについて、「公私にわたり良き相談相手」と感謝の言葉を口にする一方、「決して無理をすることなく、これからもできることを一つ一つ着実に積み重ねていってほしい」と気遣われました。

 還暦を迎えたことについて、「もう還暦ではなく、まだ還暦という思い」と、にこやかに話した陛下は、1964年の東京オリンピックの閉会式などに出席した思い出に言及したうえで、「世界の平和を切に願う気持ちの元となっているのかもしれない」と明かされました。

 例年、天皇誕生日には皇居での一般参賀と記帳が行われますが、今回は国内での新型コロナウイルス感染拡大を受け中止となり、陛下は「感染の拡大ができるだけ早期に収まることを願っております」と述べられました。(23日00:00)

PAGE TOP