RCCNEWS

P
R

RCC天気

  • 今日の天気
    今日の天気
  • 注意報警報
    注意報警報
  • 雨雲レーダー
    雨雲レーダー

全国ニュース

image

 菅総理は14日夕方に開かれた対策本部で、北海道・岡山県・広島県に「緊急事態宣言」を出すことを正式に決めました。期間は今月16日から31日までとなります。

 一方、群馬県・石川県・熊本県については「まん延防止等重点措置」が適用されます。こちらの期間は今月16日から来月13日までです。(14日18:24)

image

 大阪府はさきほど、大阪府内の40代の男性がインドで確認されている変異ウイルスに感染したことが確認されたと発表しました。男性はインドへの渡航歴があるということです。

 大阪府でインドで確認されている変異ウイルスへの感染がわかったのは初めてです。(14日17:19)

image

 新型コロナウイルスの感染拡大をめぐる対応、政府は一夜で方針を転換しました。13日夜、政府はいったん地元から要望があった北海道への緊急事態宣言を見送り、群馬・石川・岡山・広島・熊本の5県に「まん延防止等重点措置」を適用する方針を固めました。しかし、14日朝、専門家らで構成される分科会がこうした決定を覆したのです。(14日17:13)

image

 迷走の末の「緊急事態宣言」に、北海道民は冷ややかな反応です。また、岡山県では突然の緊急事態宣言発表の方針を受け、号外が配られました。(14日17:58)

image

 新型コロナワクチンの接種の遅れが指摘される日本。一方、ヨーロッパには当初、遅れがちだったものの一気に接種率が上がった国があります。何があったのでしょうか。

 アメリカやイギリスに比べ、ワクチン接種が遅れがちだったフランスやドイツ。このところ接種率は急上昇し、少なくとも1回接種した人の数は、ドイツが34.1%、フランスは27.4%に上っています。フランスでは、12日から18歳以上は誰でも空きがあれば、前日にワクチンを予約することができます。

 「あなたの近くにワクチンがあり、翌日に空きがあるなら年齢制限なしで予約することができます」(フランス マクロン大統領)
 なぜ急速に接種が進んだのか・・・。そこに奇策はありませんでした。「供給量、場所、人手」を大胆に増やしたのです。

 まず、ワクチンの量。フランスでの供給量は4月から一気に増え、5月は1月の7倍以上のおよそ1600万回分に。6月はさらに倍の3220万回分となる見込みです。EU=ヨーロッパ連合がメーカー側と交渉して、加盟国分を確保した結果だということです。

 そして、場所については世界的に有名なサッカー場など大規模接種会場を全土に用意し、ワクチンを打つ人手は医学生や消防士などに範囲を広げて増やしました。さらにフランスで顕著だったのが・・・

 「ワクチン全般に対する不信感を持っています。このワクチンは急いで作ったのでなおさらです」(パリ市民 今年1月)
 「政府は是が非でもワクチンを無理強いしようとしていて怪しいです」(パリ市民 今年1月)

 過去の薬害やマクロン政権の当初の対応のまずさもあり、ワクチンへの不信感が根強かったのですが、4月の調査ではワクチンを接種したいと答えた人は70%。半分以下だった去年12月から大幅にアップしました。イギリスでの感染状況の改善や接種が進むことを条件に規制の緩和が議論されたことなどから、希望者が増えているとみられます。

 「ワクチンの効果も目に見えるようになって不信感が弱まりました」(パリ市民) 「夏に旅行したい人は、打たないと行けないかもしれませんよね」(パリ市民)
 ドイツでもアストラゼネカ製については、18歳以上なら希望者は接種可能となり、夏のバカンスシーズンを楽しみたい人たちが進んで接種しています。

 「7月には成人の70%がワクチンを打てるようになると確信しています」(EU フォンデアライエン委員長)
 EUは製薬大手ファイザーから最大18億回分の新型コロナワクチンを追加購入することになり、ヨーロッパの接種スピードはさらに加速することになります。
(14日15:58)

PAGE TOP