RCCNEWS

P
R

来夏実施の参院選 共産・中村氏が立候補表明 広島

2021.11.25 18:40
 来年の夏に予定されている参議院選挙に、共産党の新人・中村孝江氏が、立候補を表明しました。

 中村孝江氏は、広島市出身の35歳。今月、投開票された県知事選挙では、落選しました。今回、初めて国政に挑戦します。

 「知事選挙で訴えてきた『あなたが大事にされるカラフルな広島県』の実現のために国政から変える必要があると思い、立候補を決意しました。」(共産党 新人 中村孝江氏(35))

 中村氏は、新型コロナで傷ついた生活の立て直しや核兵器禁止条約への参加を掲げます。また、国政だからこそ、できることとして選択的夫婦別姓やジェンダー平等に加え、気候危機の回避に向け、再生可能エネルギーに大幅に転換するための法整備を進めて行くと訴えています。

 改選2議席の参議院選挙・広島選挙区には、自民党の現職で党の税調会長を務める宮沢洋一氏(71)も立候補を予定しています。

 もう1人の現職で野党系無所属の柳田稔氏は立候補しない意向を関係者に伝えていて、立憲民主党は候補者を擁立する方針です。

 参議院選挙は、来年の夏に実施される予定です。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP