RCCNEWS

P
R

広島にも寒気が流入 高い山では雪

2021.11.23 17:57
 季節は、一気に冬本番です。県内にも寒気が流れ込み、標高の高い山では雪になっているところがあります。

 県内最高峰、恐羅漢山にあるスキー場です。時折、雪が舞っていて、ゲレンデの一部がうっすらと白くなっています。

 「午前8時、安芸太田町です。20分ほど前から雪が降り始めてきました。だんだんと強くなって来てるような印象です。手元の気温計は2・5度。かなり風も冷たいです」(記者)

 冷たい風が吹く中、本格的なスキーシーズンに向けて、防護ネットを張るなどの作業が進められていました。

 「白いものが空から降ってくると、いよいよだなという感じは、毎年のことだがしてくる。(コロナ禍で)最近、気分が晴れないなという声も結構聞くので、アウトドアのスポーツで、少しでも気晴らししていただければ」(恐羅漢スノーパーク 川本支配人)

 県内は、北部を中心に寒気に伴う筋状の雲が流れ込み、時々、雨が降る天気となっています。標高1153メートルの深入山では、雪景色を楽しもうと、トレッキングする人たちが訪れていました。深入山に登るのは初めてだというこちらの観光客は…。

 「寒かった。風が強かった。(頂上は)意外と雪が積もっていたし、吹きさらしなので、風がビュンビュン吹いていた。下に小屋があってお湯を沸かしてコーヒータイムです」(男性)

 「(Qどうでしたか?)楽しく過ごせました」(女性)

 寒気は24日にかけて中国地方の上空に残るため、北部を中心に時々、雨や雪が降りやすく、特に今夜からあす未明にかけては、山地は雪化粧するところが出てきそうです。峠越えの道路では路面の積雪や凍結に注意してください。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP