RCCNEWS

P
R

「消費者庁公認」不当表示で商品販売 ププレひまわり 景品表示法違反に認定 広島

2021.6.11 18:56
 店内のPOP広告に消費者庁公認と偽って新型コロナ向けの除菌商品を販売していた広島・福山市のドラッグストア「ププレひまわり」が、景品表示法違反に認定されたと公正取引委員会が発表しました。

 「表示は一般消費者が商品を選択するうえで重要な情報になりますので、事実と異なる表示をしたのは、たいへん大きな問題であると。」(公正取引委員会 中国支所 道下正子支所長)

 公正取引委員会によりますと、ププレひまわりは、去年9月から3か月近く、県内や島根県の17店舗で、内容が不当な表示のPOPを掲げて、首掛け式のウイルス除去剤を販売していたもので、消費者庁から再発防止に努めるように措置命令を受けました。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP