RCCNEWS

P
R

広島県内24人感染 「緊急事態」解除は… その後は ワクチン接種予約(11日午後3時台まとめ)

2021.6.11 15:41
 11日、この時間までに入っている感染確認の情報からです。広島市では、新たに23人の感染確認が発表されています。呉市では、50代の1人です。福山市は、11日も発表「0」です。福山市での「発表なし」は、これで3日連続となりました。

 ということで、広島県の状況ですが、緊急事態宣言の期限まであと10日ほどとなりましたが、最も深刻な「ステージ4」から「ステージ3」の水準に改善しています。

 では、解除されるのか? そこが気になるわけですが、政府内では、広島などの緊急事態宣言は、期限の20日で解除する方向で検討に入ったということです。ただ、政府関係者は、解除する場合には「一気に全部良いというわけにはいかない」として、時短要請などを継続するために、「まん延防止等重点措置」に移行する可能性を示唆しています。

 広島でも仮に宣言が解除されたとしても、再び増加させないようにどのような対策をとるのか?が、これからの注目点になりそうです。

 続いては、ワクチン接種についてです。2回目の接種を済ませた医療従事者は73%を超えました。そして、1回目の接種をした高齢者ですが18万人ほどで、対象の22%となっています。

 あす12日からは、広島市でも「大規模接種」が始まります。高齢者の接種がさらに本格化しそうですが、特に人口の多い広島市と福山市の予約状況についてみていきます。

 まず、今、誰が接種できるのか、確認しておきます。65歳以上の高齢者がおよそ30万人いる広島市では、現在、75歳以上の方に接種券が届いていると思います。ですので、大規模会場に接種に行こうと決めて行けるのは、75歳以上ということになります。

 74歳以下のみなさんには、ご覧のとおり、来週以降、段階的に届く予定です。

 一方、高齢者の人口が13万人の福山市では、すでに65歳以上、つまり、すべての高齢者のみなさんのところに接種券が届き始めています。

 接種券がお手元にある年齢が75歳以上の広島市で、集団や大規模接種の予約が可能な数をご覧いただきます。午後2時現在です。

 大規模接種会場。中区のグリーンアリーナや西区のサンプラザは、多くの空き枠があります。ただ、すでにこの土日は予約でいっぱいというところもあるようです。

 そして、福山市です。集団接種会場は、すでに予約が定員に達しています。県が設置している大規模接種の予約も午前10時の時点であす12日から16日まですべて埋まりました。そして、21日以降の予約も前倒しして始めています。

 大規模接種会場も当初は空き枠が目立っていたんですが、接種券が届く年齢層が広がると、予約が急激に増えているようです。とはいえ、接種するには当日の体調なども気を付けないといけないので、冷静に順番を待っていただきたいです。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP