RCCNEWS

P
R

2020年度 長距離高速バス収入77%減 中国運輸局 公共交通事業者調査

2021.6.10 11:42
 中国運輸局が、中国地方の公共交通事業者に対する昨年度の新型コロナの影響をまとめたところ、長距離高速バスの運送収入が2019年度より最も落ち込んでいました。

 「外出自粛であったり、出張取り止めであったり、人の移動を制限されたということで、交通観光事業が非常に大きな打撃を受けております。」(中国運輸局 河原畑徹局長)

 中国地方の公共交通事業者の昨年度の運送収入のまとめでは、前の年度からの落ち込み幅は長距離高速バスが最も大きく77%減。貸し切り観光バス、新幹線と続きました。

 また、JR西日本が沿線自治体に8日に申し入れた芸備線の一部区間のあり方協議について、河原畑局長は…。

 「JR西日本と沿線の地域の取り組みが連携してスムーズに進むように積極的にサポートしていきたいと。」(中国運輸局 河原畑徹局長)

 サポートとして「他の地域で効果があった利用促進策の情報を紹介できる」と話しました。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP