RCCNEWS

P
R

ワクチン大規模接種 県も広島市に2か所設置へ 高齢者の接種促進(午後6時台)

2021.6.8 18:17
 新型コロナワクチンの接種をめぐる動きです。県は、大規模接種の会場を広島市に新たに2か所設置することにしました。

 県は、国が目指す7月中の高齢者への接種完了に向けて、大規模接種会場を福山市に加えて、広島市にも新たに2か所設置します。

 場所は、南区の県立産業会館と安佐南区スポーツセンターです。

 対象は、広島市に加えて、廿日市市・江田島市・安芸郡の4つの町に住む高齢者です。

 期間は、今月22日から来月29日までで、期間中に最大2万人余りの接種を想定しています。

 7日、接種が始まった福山市の大規模接種会場では、予約が低調で、「県民への働きかけ」が課題となっています。

 「高齢者の中でも比較的若い層の方は身近なかかりつけ医で接種するよりも『早く打ちたい』という人が多いのでは。県としては、とにかく早く打ちたいというみなさまのニーズを受け止めて、接種が早く進むようにしたいと考えている。まず需要側、そちらへの働きかけが大事だと思う。」(広島県 湯崎英彦知事)

 予約の開始は、早ければ11日からで、コールセンターやインターネットで受け付けるとしています。

 このほか、広島市内では、12日から土・日限定で高齢者の大規模接種が始まります。西区のサンプラザはすでに受付開始。中区のグリーンアリーナは10日から予約が始まるということです。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP