RCCNEWS

P
R

河井議員夫妻の裁判分けて審理 克行被告弁護人解任で 東京地裁

2020.9.16 11:42
 去年の参院選をめぐる買収事件で起訴された河井克行元法務大臣と妻の案里参院議員の裁判で、東京地裁は、2人の裁判を分けて審理することを決めました。

 河井克行被告(57)と案里被告(46)は、去年の参院選をめぐり、地元議員らを買収した罪に問われていて、克行被告は15日の裁判の直後、弁護人全員を解任しました。

 克行被告の裁判は、弁護人がいなければ開くことができないため、東京地裁は16日、2人の裁判を分けて審理することを決め、克行被告の今週の裁判日程を取り消しました。弁護人が新たに選任されれば再開される見込みです。

 16日の裁判には案里被告だけが出廷していて、裁判長が「克行被告が弁護人を解任したことで、案里被告の裁判を妨げることはあってはならない」と説明すると、案里被告は「ありがとうございます」と一礼しました。

 午後は、“被買収側”として初めて、夫妻から200万円を受け取ったとされている奥原信也県議が証言台に立つ予定です。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP