RCCNEWS

P
R

広島県内の大規模イベント 政府決定に準拠し「緩和」へ

2020.9.14 16:31
 広島県内の大規模イベントの開催条件について、14日、湯崎知事は、先日の政府の決定に準拠して緩和する考えを示しました。マツダスタジアムの入場制限も近く、定員の半分まで緩和される見通しです。

 「マツダスタジアムの応援というのは、カープの強さの1つの要因というか、選手にとっては大きな励みになるんじゃないかな。」(湯崎英彦知事)

 湯崎知事が明らかにしたのは緩和の方向性についてで、正式な方針の改正は近日中にまとめられる予定です。

 先日、政府が決定した「イベントの開催制限のあり方」によりますと、プロ野球などの大規模イベントは、これまで観客を5000人までに制限していましたが、来週19日から11月末までは、収容人数の50%まで観客が入れるように緩和します。

 1万人以下のイベントでは、クラシックコンサートなど、客が大声を出さないものは満席とすることも可能にします。一方、ロックコンサートや格闘技など声援が伴うイベントでは5000人、または収容人数の半分までという制限を維持します。

 県の考え方は、カープ球団などにも伝えられていて、各球団でチケットの販売などについて発表するとみられます。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP