RCCNEWS

P
R

岸田政調会長 2位につけられるか焦点 自民総裁選 菅官房長官リード

2020.9.14 11:54
 自民党の総裁選挙は、14日、投開票が行われます。JNNの情勢調査では、菅官房長官の新総裁選出は確実な情勢で、広島選出の岸田政調会長は2位につけられるかが焦点となります。

 「し烈な2位争いの様相を呈するなか、岸田さんにとってはどれだけ自分の派閥以外から国会議員票を上積みできるかがポイントです。」(大平洋記者 自民党本部前)

 JNNの取材では、141票の地方票をめぐるこれまでの各地の予備選の開票作業の結果、岸田政調会長は地元・広島で8割を超える支持を得て、3票を獲得しましたが、全体では、菅官房長官が東京や山口などで、3票を総取りしたほか、ほぼすべての地域で票を確保。石破元幹事長にも差をつけられています。

 「最後までできることはないか、全力で努力を続けていきたいと思っています。」(自民党 岸田文雄政調会長)

 菅氏の新総裁選出は確実な情勢で、岸田氏にとっては自分の派閥以外の国会議員票を上積みし、「2位につけられるか」が焦点となります。自民党総裁選は午後、投開票されます。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP