RCCNEWS

P
R

持ち株会社「ひろぎんホールディングス」設置認可 傘下に広島銀行など5社

2020.9.11 11:34
 来月1日に持ち株会社制への移行を目指す広島銀行に対し、金融庁から持ち株会社となる「ひろぎんホールディングス」の設立が認可されました。

 中国財務局で開かれた認可書の交付式では、金森正樹局長から広島銀行の部谷俊雄頭取に持ち株会社「ひろぎんホールディングス」を設立する認可書が手渡されました。

 「金融以外も含めたお客さまのニーズにグループ内でいかに対応していくことが、それぞれ取引先の将来に通じる、あるいは地域の発展に通じる、ひいてはわれわれHDグループの発展につながる。」(広島銀行 部谷俊雄頭取)

 この認可を受け、広島銀行では、今月29日に東京証券取引所での株式上場を廃止して、来月1日に設立する「ひろぎんホールディングス」として改めて上場。広島銀行を核に、証券や投資など5社を傘下に持つ持ち株会社制をスタートさせ、さらにITやコンサルティングの子会社を加える予定です。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP