RCCNEWS

P
R

福山市 水害に備え 新年度予算案を発表

2020.2.10 11:42
 福山市は、頻発する自然災害に備え、浸水対策やため池対策を盛り込んだ新年度予算案を発表しました。

 「昨年も全国各地で自然災害が相次いだ。安心、安全なまちをつくり上げるため、ハード・ソフト両面から対策を強化する。」(福山市 枝広直幹市長)

 福山市の新年度予算案は一般会計が1737億9千万円で過去2番目の規模です。

 主な事業としてはおととしの西日本豪雨を受けて、自然災害に備えるため67億円を計上しました。

 このうち浸水対策としては、地下に雨水の排水管を整備する事業などに27億円を計上。また、ため池の安全対策として、ため池の廃止工事などにおよそ3千万円を計上しています。

 その他の事業としては2022年の福山城築城400年にあわせて天守閣を耐震改修し、内外装をリニューアルする工事などに5億3千万円を計上しました。

 福山市の新年度予算案は17日に開会する市議会定例会で審議されます。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP