RCCNEWS

P
R

贈収賄事件 広島・東広島市元職員を再逮捕 別の収賄できょう、初公判

2021.11.25 18:42
 広島・東広島市が発注した道路などの維持管理業務をめぐる贈収賄事件で、警察は、元市職員の男が別の業者からも現金を受け取っていた疑いがあるとして、男を先ほど、再逮捕しました。

 収賄の疑いで再逮捕されたのは、東広島市の元職員・平岡尚之容疑者(47)です。

 警察によりますと、平岡容疑者は、去年6月ごろからことし7月ごろまでの間、東広島市河内町にある土木舗装工事会社の役員・小林信朗容疑者(69)から公共工事の単価表の情報を提供するなどの見返りとして、13回にわたりおよそ13万円を受け取った疑いがもたれています。

 警察は、捜査に支障があるとして認否を明らかにしていません。

 平岡容疑者は、市が去年2月に別の会社と契約した道路などの維持管理業務に関し、受注した業者に下請けとしてすすめた会社の元社長から見返りなどの趣旨で現金50万円を受け取った罪に問われ、25日の初公判で起訴内容を認めています。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP