RCCNEWS

P
R

福屋 社員厳選の福袋を披露 “密”回避 来月からオンライン販売 広島

2021.11.24 17:48
 こちらは、お正月の準備。早くも福袋商戦です。24日、広島市のデパート・福屋では、来月からオンラインで販売される社員厳選の福袋がお披露目されました。

 「福屋の社員が選んだ福袋です。よろしくお願いします。」(福屋 福袋委員会)

 「(広島牛)すき焼き用、これ、何かお正月にいいわね。手頃な値段、お米もね。」(訪れた客)

 福屋福袋委員会(FBI)は、婦人服や営業担当などの社員10人でつくるプロジェクトチームです。

 「福屋福袋委員会(FBI)が厳選しました。」(メンバー)

 初売りの密を避けるため、去年から始めている福袋のオンライン販売。ことしはおよそ100種類を用意しました。このうち23種類は、「広島を笑顔に」をテーマにFBIが選んだそうです。

 「ことしのおすすめは新米。世羅高原のこしひかり2袋セットです。本店がある八丁堀は、来年の干支であるトラ、丑寅の方角が世羅高原なので。」(福屋福袋委員会(FBI) 沖野智彦委員長)

 福屋で一番人気のこしひかり。こちらは、送料無料だそうです。

 「次におすすめは、花珠アコヤパールのネックレスとイヤリングのセットになります。去年、どうしても人が集まって何かお祝いをすることができなかったことがありますが、ことしは、しっかり集まってお祝いしていただきたいなと。」(沖野智彦委員長)

 こちら、通常価格のおよそ半額だそうです。

 「続いて、こちらがおすすめの出産準備おでかけセットです。」(沖野智彦委員長)

 ベビーカーにチャイルドシート、それにふとんがセットが通常の4割ほど安い12万1000円です。

 「どんどん外に出ていただいて、家族みんなで遊んでいただけたらなと。(福袋は)リベンジ消費というところも含めて去年、お買い物していただけなかったもの。楽しんでいただけなかったものを含めて考えております。」(沖野智彦委員長)

 福屋は、来月1日からオンラインで福袋の販売を始めます。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP