RCCNEWS

P
R

冬に備え… JR芸備線 ラッセル車の走行訓練 広島・庄原市

2021.11.24 11:46
 本格的な冬に備え、24日、JR芸備線でラッセル車の走行訓練が行われました。

 JR岡山支社が11月から3月まで東城駅に配備している排雪モーターカーです。積雪が15センチ程度になると、庄原市の備後落合駅から岡山県新見市の備中神代駅の間で除雪作業を行います。

 初日の24日は、雪をはねのける前面のフランジャーや、人力で180度、Uターンする際の動作確認など、入念にチェックしました。

 出動回数は近年、最も多かったのは2016年の9回で、去年は3回でした。

 「近年、温暖化の傾向もあり、出動回数は減少傾向にあるが、出動の必要がある場合にしっかり対応できるよう準備を進める。」(JR西日本 新見保線管理室 山本真太郎室長)

 このあと、ラッセル車は東城駅を出発。時速20キロほどの速度で岡山支社と広島支社との管轄境界である備後落合駅までの往復およそ50キロの区間で走行訓練をしました。

 作業機械のモーターカーは、信号機が作動しないため、踏切では徐行して安全を確かめながら通過します。ラッセル車は、紅葉した山のふもとをゆっくりと走っていました。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP