RCCNEWS

P
R

11月14日投開票 広島県知事選挙 投票用紙を印刷

2021.9.15 11:48
 11月14日に投開票される広島県知事選挙に向けて、投票用紙の印刷が始まりました。

 広島市中区の印刷所では、通常の用紙に加えて点字や船員不在者用を含めた、あわせて236万9600枚の県知事選挙の投票用紙が印刷されています。

 県選挙管理委員会の職員6人が立ち会い、印刷所の作業員と一緒に汚れや印刷の色むらがないかをチェックしています。

 刷り上がった投票用紙は、17日、県内の市や町の選挙管理委員会に発送される予定です。

 「知事選は、県民のみなさんの生活に直結した選挙になるかと思います。ぜひ、投票をお願いしたい。」(広島県選挙管理委員会 上平毅事務局長)

 県知事選挙は、来月28日に告示され、11月14日に投開票されます。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP