RCCNEWS

P
R

緊急事態宣言 広島県も延長期間に 人流抑制を強化 土日休業要請も

2021.9.13 17:14
 「さらなる対策として大規模商業施設等の土日休業を要請したい。」(広島県 湯崎英彦知事 7日)

 土日の休業要請を受けた大型商業施設では、多くで食料品などの売場に限った縮小営業などの対応をしました。

 広島市中区の福屋八丁堀本店では、食料品や化粧品の売場など床面積が1万平方メートルを超えない範囲で営業をするフロアと、臨時休業のフロアを分けました。地下1階の食料品フロアは、開店直後から買い物客が訪れていました。

 「県からの要請を受け、人流の抑制とお客のニーズを考慮し、縮小営業の形にした。」(福屋営業本部 中村真緒さん)

 県は、今後の休日については、感染状況を見極めながら休業要請を判断するということです。

 「きょうから緊急事態宣言の延長期間に入りました。街の人は、どのように受け止めているのでしょうか。」(貴船桃佳記者)

 県は、引き続き、人出を減らすことを目的に外出機会の半減や酒を提供する飲食店に原則休業などを求めています。

 「増えて緊急事態宣言して、また、減って、増えての繰り返し。仕方ない。」

 「職場に出た方が効率はいい。早く毎日、出られるといい。」

 「まだ続くのかなというのはある。そろそろ飲みに行きたい。」

 「(ワクチン)接種をした人も変わらないまま、緊急事態宣言だけ延びている。経済的な面とか、いろんな考え方があるのでは。」

 「13日以降の仕事が全部、キャンセルになって、困っている。」(街の人たち)

 新規感染者数のほか、さまざまな指標が、感染拡大のピークだったころよりは、徐々に落ち着いてきている広島県内。このままおさえることができるのか…。緊急事態宣言の期限は、今月30日です。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP