RCCNEWS

P
R

広島県内で55人感染確認 新型コロナ 土日に休業を要請 人出は…(13日)

2021.9.13 17:13
 新型コロナ、13日の感染確認の発表です。広島市では、新たに28人の感染確認が発表されています。広島市で1日の発表が50人を下回るのは、先月の10日以来です。

 また、福山市と尾道市で6人、東広島市で4人など、13日の県内の発表は合わせて55人でした。先週の月曜日から6割近く減ったことになります。

 県内では12日、およそ1か月ぶりに1日の発表が100人を下回りました。広島の「第5波」は、先月のお盆から急激に感染者が増加しましたが、今月になって減少傾向をたどってはいるようです。

 しかし、県内の状況は依然として厳しい指標もあります。人口10万人あたりの療養者と、新規感染者はいずれも最も深刻なステージ4の水準を超えています。

 続いては、12日の人出です。県が公表しているデータでは、12日、県内の主なポイントの人出は、前の日曜日(5日)よりも12%ほど減少しました。

 そして、県は、人流抑制のための対策を強化するために、土日に大型商業施設に休業を要請しました。これを受けて、広島市の主なデパートは売り場を大幅に縮小して営業したのですが、本通りと八丁堀交差点付近の午後2時台の人出は、いずれも先週の日曜日より減少しましたが、その減少幅はわずかで、大きな変化はなかったようです。
  • twitter
  • Facebook
  • LINE

PAGE TOP